学習塾運営ノウハウ|進路指導の違いも差別化要因


楠教育広報部のブログネタに困ったらコンサル部に行く南雲です!


盆明け早速ネタが切れたので学習塾コンサルネタを仕入れてきました!!

楠教育はコンサルティング事業もやっているので、あまりすべてをオープンにはできませんが、お役に立てればということで少しだけ…


今日のお話は塾選びにも役立つので生徒さま・保護者さまにもぜひご一読いただければ嬉しいです!

◆◆今日は進路指導のお話!◆◆

学習塾の進路指導も塾ごとに様々、そして地域によっても様々です。


まず塾による違いがあります。

1.完全実力主義!トップ校狙いの学習塾の進路指導。

2.一つでも上の学校へ!トップ校以外の一般校~上位校を狙う学習塾の進路指導。

3.進路指導はしない。

方針としてまず大きく分けてこの3つが違います。


実力主義の学習塾での進路指導は、成績や判定のフィードバックによる受験校への目標意識をつけることが中心です。実力別クラス分けをすることで自然と進路への意識を向かわせる場合もありますね。成績上位者が無料になるようなクラス型授業を実施する学習塾によく見られる意識醸成型の進路指導です。


次に一つでも上の学校へ入れてあげたい!というのは、個人塾や個別指導塾によく見られるパターンの進路指導です。生徒・家庭・塾でしっかり意志の統一を図り、学習指導以外にも様々な指導を行いながら気持ちに寄り添ってモチベーションを作って行くコミュニケーション型の進路指導です。


最後に進路指導をしない学習塾。しないと書きましたが、それは悪い意味ではなく、授業を提供することに特化した塾というスタイルであるということです。そういう意味では成績向上させる力をそのまま味わってくださいという自信の表れとも言えますね。


難しいのはこの大方針3種類の中で、さらにブランドや教室ごとの程度差がかなりあるということです。


例えば、完全実力主義の塾でも、入塾試験によって公平公正にクラス分けが行われ、頻繁な実力テストによるクラスの上がり下がりがあるような切磋琢磨を強いる意識醸成型の塾がある一方で、入塾試験はやるがクラス分けもその後の指導の差もない、テストもやらない、競争もないので意識を醸成できる環境が整っていない塾があります。


個別方針の塾はなお差が大きくなります。高校と塾で完全に連携を取れていて、内々に情報が入ったり、地域によっては塾推薦などで高確率で合格させたりまでできる担当者が親身になって一人ひとり指導する塾もあれば、進路指導が感覚的で生徒の性格や伸ばすタイプ、その子にあった指導方針も打ち出せないあてにならない塾もあります。


極めつけには、授業は好きだけど大人とのコミュニケーションには自信がないので保護者さまと話をしたくないという理由で進路指導をしない塾…そういった塾まであります。実はコンサルティングをしていて保護者さまとのコミュニケーションが怖いという塾担当者、それに困るオーナー様が結構いらっしゃいます…


※生徒さま保護者さま、塾の体験をして話を聞く場合には、まずここを気にしてどのパターンかを見るのも塾選び上のおススメです!


学習塾を経営する場合には、進路指導はお客様が塾を選ぶ際の非常に重要なファクターになりますから、まずは自校舎の進路指導方針をシンプルに決定することをおススメします。



それを決めたらその次は…という後は企業秘密だそうでブログ掲載却下されちゃいました(汗


ともかく進路指導一つとっても塾の方針や信頼性が見えるということみたいです!

確かに、自信をもってうちの塾の進路指導は○○だから▲▲だ!と言える塾の方が安心感があって、生徒さまも通いたくなりますし、保護者さまもお子様を預けやすいですよね。


まずは自校舎の進路指導をシンプルに表現できるか考えてみてもいいですね!


進路指導に関するデータのとり方や校舎運営へのフィードバックのさせ方、講師育成などについての情報をご希望の方はぜひ楠教育の学習塾向けコンサルティングへお問合せください!




#個別指導授業 #楠教育 #教育コンサル #進路指導


楠教育株式会社 

広報部 南雲敬介

https://www.kusunoki-edu.co.jp


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オンライン教育サービス

楠教育株式会社

西条オフィス 

広島県東広島市西条下見5丁目4-33

info@kusunoki-edu.co.jp

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2020 by Kusunoki Education Inc.